前へ
次へ

リノベーションをしての使い方

リフォームとリノベーションの違いは、改修規模の違いと考えると簡単です。
今ある設備の変更や修理となるキッチンの入れ換えとかユニットバスの交換、壁の塗り替えや屋根の張替えなどの一定で比較的小規模となる工事を指すのが、リフォームと言われています。
これに対して間取りと言われる部屋の作りから、水まわりの設備にあたる水道管や排水管、更には冷暖房設備と言ったものまで、室内全てに渡り工事を行うものがリノベーションと言われて来ました。
一番わかりやすい言葉の表現が、リノベーションとは一度室内をスケルトン状態にすると言うことです。
つまり何もない状態にしてから、新しく作り始めると言う発想になっています。
リノベーションをする最大の理由は、過去には全く影響されないと言うことです。
外観以外は全て新しくすると言う発想があり、過去の生活に囚われる心配は一つもないと言う良さがあります。
そのため古民家住宅だったものや住宅とし使用したマンションを、カフェにするなどの方法が人気です。

Page Top