前へ
次へ

二世帯住宅へのリノベーション

リノベーションはリフォーム同様に手を加えること、修復や再生された空き家もリノベーションされています。

more

リノベーションで理想の住まいを手に入れる

人には住んでみたいと思うような理想の住まいがあるものです。
多くの人はそういう自身の理想を持っ

more

リノベーションの考え方を知る

新築の住宅やマンションを買いたいけれど、費用が高くてとても手を出せないと言う場合があります。

more

リノベーションのメリットと経営の黒字化

不動産物件に投資している方は、最近は増加傾向にあります。
副収入を稼ぐためにアパート経営している方も、決して少なくありません。
ところで物件オーナーの方々は、たまにリノベーションを行っています。
住み心地を良くするために工事を行っている方も少なくありませんが、その理由の1つは収益性です。
年数が経過しますと、不動産物件の収益性は悪くなってしまう事があります。
物件が古くなってきたことが原因で、入居率が下がってしまうケースも少なくありません。
肝心の入居率が下がってしまえば、家賃収入も減ってしまうでしょう。
入居率を高めたいなら、家賃を引き下げる選択肢も一応あります。
ですが家賃を下げるのも、また色々な問題点があります。
そこで物件に対する工事を行ってみる訳です。
工事を行えば、やはり物件の住み心地は良くなる傾向があります。
そもそも多くの方々は、住み心地が良いかどうかを基準に不動産物件を選んでいます。
快適に居住できるに越した事はありませんが、それだけに物件に対する工事を行えば、入居率を高める事は可能です。
ですからアパート経営に関する悩みを抱えている時は、工事も前向きに検討してみる価値はあります。

".file_get_contents('http://links-001.com/kanren3set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

ところで物件に対する工事を行いたいなら、建物の建て替えという選択肢もあります。
ですが多くの物件オーナーの方々は、建て替えではなくリノベーションを選んでいます。
その主な理由は費用です。
どちらの工事を行うにしても、費用はかかります。
建て替えの工事は、費用は若干高く付いてしまうデメリットがあります。
その点リノベーションであれば、費用は比較的低く抑えられるメリットがあります。
また費用はかかっても、リノベーションには十分なメリットがあるという声も多いです。
確かに一旦は費用を支払う事になりますが、結局は物件に対する入居率も向上しますから、最終的には黒字になるという声も多々あります。
コストパフォーマンスも優れている訳です。

Page Top